セフレ 長野市 教員

セックスフレンドを作るには、出会い系サイトの選び方が重要になってきます。悪いサイトに登録してしまうと、セフレを作るどころか、実在する女性とメールすることすら叶わないのです。というのも、いわゆる悪質出会い系サイトには、「サクラ」と呼ばれる女性しか存在しないからです。サクラというのは、サイトの運営者に雇われたアルバイトスタッフで、女性のふりをして男性とメールを交わし、なるべくたくさんのポイント(お金)を使わせることを仕事としています。アルバイト情報誌に記載されている「簡単なPC入力作業」というバイト募集には、このサクラ業務も紛れていると言われています。

サクラは仕事でメールをしていますから、当然会えることはなく、ただ時間とお金が無駄になっていくばかりです。その手口は実に巧妙で、そのサクラのアルバイトをしている女性スタッフの写真を撮り、それを「私の写メです」と掲載して、男性に近づき、ただでセックスすることや、どんなプレイも望みのままといったことを匂わせて、メールを長引かせます。そしてデートの当日に、「やっぱり今日会えなくなった」というメールを送るんですね。これにより、仕事のワンセットが終了となります。

出会い系サイトを使っている人の「ドタキャンされた」という話は、そのほとんどが、サクラとメールをしていた男性の被害報告であるわけです。本人がそれに気づいているかどうかはわかりませんが。

さて、このように、悪質出会い系サイトに登録すると、何も良いことはありません。優良出会い系サイトに登録することこそが、セフレを作る第一歩だといえるのです。

優良出会い系サイトの特徴

優良出会い系サイトの特徴は、サイトのデザインがきれい、使いやすい、登録者数が多いなど、色々とありますが、注意して見るべきはその料金設定です。たとえば悪質出会い系サイトでは、メールを読んだり、送ったりするときに、一通あたり100円から200円ほどかかります。それに対し優良出会い系サイトは、メールを読むのは無料で、送るときに30円から50円ほどかかるといったシステムです。これだけでも、悪質サイトとの違いは歴然でしょう。

それに加え、悪質サイトではアドレス交換が有料で、これに3000円もかかるのですが、優良出会い系サイトであればそれは無料です。優良サイトと悪質サイトでは、これほどまでに料金設定に開きがあるのです。

また、優良出会い系サイトに必ず設置されている「お友達紹介機能」も、その特徴を語るに欠かせません。これはユーザー個々に用意されたURLから新規に登録者が出ると、その持ち主に数千円分のポイントが付与されるというシステムです。これを活用すれば、一切お金を使わずにサイトを利用しつづけることも可能なわけで、悪質サイトには実装されえないシステムであえるといえるでしょう。

優良出会い系サイトの見つけ方

その出会い系サイトが優良であるか否かは、登録前に自分の目で利用規約及び料金体系を確認するほかにありません。が、その査定の対象となるサイトを見つける段階、とっかかりを探している時点では、クチコミ、ランキングサイトが非常に役立ちます。これはそのサイトを実際に利用したことのある人たちが、コメントや、星の数による評価を残し、ところによってはそれをランキングに直したサイトのことで、上位に食い込む出会い系サイトには、優良と呼べるものの多いことが特徴です。

どうしてもセフレを見つけられなかった人が、当てつけに悪評を書き込んでいることもありますが、複数のランキングサイトを見比べて、どこにおいても平均評価の高いサイトを使うようにすれば、失敗することはそうないと思われます。

ただ一点注意しなければならないのは、悪質出会い系サイトの運営者が、自身のサイトの会員を集めるために、ランキングサイトをでっちあげていることもあるということです。そのようなランキングサイトでは、上位を占める出会い系サイトのデザインやシステム、料金設定が非常に似通っています。似たようなサイトばかりが高評価を受けているランキングは、疑ったほうがよいでしょう。やはりここでも、最終的には自分の目で、そこが優良か、それとも悪質かを判別するしかないようです。

男がセフレを欲しがるのは、「恋人」に興奮しないから!?

セックスフレンドという関係のどこがいいのか、疑問に思われる方は多いでしょう。特に女性には、そういった関係を結ぶ男女の心理が理解できないのではないかと思います。セックスフレンドの良いところは、大きく分けてふたつあります。まずひとつが、恋人を作ったときよりも、面倒が少ないということ。会ってセックスをするだけの関係ですから、まめに連絡を入れる必要もなければ、定期的にデートをする必要もありません。

自分の時間を大切にする男性にとって、誰かに時間を取られること、それは非常に大きな問題です。自分の時間を誰かのために費やすことは、誰にとってもストレスでしょうが、特に男性は男女関係のそういった物事を面倒だと感じる傾向にありますから、恋人よりもセックスフレンドが欲しいと考えてしまうのでしょう。

セックスフレンドの良いところのもうひとつは、「好きでない相手」だからこそ、そのセックスに興奮できるということです。これは大部分の女性には意外なことかもしれませんが、男性には、愛する女性とのセックスは興奮しないという人が多いのです。たとえば男性は、目安として一週間に二、三回はエッチな動画を観てマスターベーションをするものですが、その動画というのを、恋人や好きな女性に置き換えることはできない人も多いのです。つまり好きな女性から性的な興奮を得ることはできない、できたとしてもネットに転がっている動画を観るよりは気持ちが高まらないということです。

これは女性にとって不愉快な事実であるかもしれませんが、実際にそういう男性はたくさんいるのですから仕方ありません。そういった男性にとって、おそらく、セックスとは相手に常に気を遣うものであるのでしょう。好きな人をセックスの相手にしたとき、男性は基本、その女性に優しくしてあげなければならないと考えます。ちょっとでもおかしなことをすれば嫌われる、そういう強迫観念じみたものを持っている方もいるでしょう。だからこそ、踏み込んだことをお願いしたりはしません。前戯もやりすぎに注意して慎重に運び、挿入をして、あとは射精するまで腰を振るだけです。

彼氏を例にとって、男は前戯がなっていないという女性がいます。けれども、それはただ自分だけが気持ちよくなろうとして前戯をおざなりにしているわけではないのです。たしかに、自分のことだけを考えている男性もいるでしょうが、それとは違って、あまり派手なことをすると引かれたり嫌われたりするかもしれないと考え、あえて前戯を当たり障りのないものにしている男性もたくさんいます。彼氏が自分のことしか考えていないというのなら、それは愛されていないとみて間違いありません。

ある程度年齢を重ね、女性経験のある男性は、セックスのとき、きちんと相手のことを考えますし、前戯のやり方にも幅を持っているものです。けれども、それほど気心の知れていないうちに、それこそAVでみられるような派手な責め方をすると引かれる可能性があるので、披露するテクニックを最小限にとどめているのです。それは、風俗嬢が、自分の彼氏に対して客にするような本気のプレイをしないのと同じようなものです。

こういった気遣いは、男性にとって大きなストレスとなります。興奮はいまいち高まりませんし、気持ちよくなることもできません。射精したからといって必ず気持ち良いとは限らないのです。また、相手のことを考えすぎるために、行為中ペニスが反応しなくなってしまう場合もあります。そういった経験から、男性の中に、恋人とのセックスは興奮しないという観念が定着してしまうのでしょう。それで、恋人よりもセフレとするセックスのほうが興奮する、気持ちよくなれるという結論に行き着くわけです。昔から、男は浮気する生き物と言われてきたのには、男性のそういう心理、行動が関係しているのではないかと私は思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ